野菜の声に耳を傾けて

定年退職後の趣味

 

vegetables

65歳でこれまで40年近く働いてきた会社を定年退職した。

 

 

退職したらやりたいと思っていたことがあった。

 

 

野菜作りだ。

 

 

昔、母親が家の隣の空き地で野菜を作っていた。
夏休みになると、その小さな畑の中で遊ぶのが好きだった。

 

 

毎日収穫できたキュウリとトマト、それらを朝食にして食べるのが
子供ながらに楽しみにしていた。

 

 

仕事を退職したら、自分も孫にそんな楽しみを与えたいと
思っていた。

 

 

自宅には農地になるような広さは無いが、
ツテを探せば農地として土地をかしてくれると所もあるだろう。

 

 

野菜作りなんてやったこともない。
しかし、仮にあと20年生きるとしたら、
10年くらいは野菜作りの勉強しても十分時間は余る。

 

 

生涯の趣味にするにはもってこいだ。

 

 

農地候補を探す

 

vegetables

さっそく農地として土地を貸してくれる人がいないか探してみる。

 

 

ありがたいことに、知り合いの農家のSさんが、今は使っていない田んぼを1区画ほど、
格安で貸してくれることになった。

 

 

これで田をおこして土地を整えれば野菜作りができると
安心してたのだが、さらに嬉しいことがあった。

 

 

一人でクワを持って耕していては、素人だから何日も
かかるだろうと、耕運機で耕した状態で貸してくれる
そうだ。

 

 

さすがにこの年でクワを振り回すとなると体も少し心配だ。
素晴らしい心遣いにSさんには本当に感謝している。

 

 

これは野菜が収穫できたら、おすそ分けしないわけにはいかない。

 

 

へたくそなりにちゃんと収穫できていると良いのだが、
失敗するとSさんにも申し訳ない。

 

 

そのため、初めてだから育てやすい野菜を中心に
育ってみることにした。

 

 

 

野菜作り開始

 

vegetables

田んぼを耕してもらう際に、購入しておいた肥料も一緒に
土に混ぜ合わせてもらった。

 

 

その後、さっそく畝をつくり、野菜の苗を植えた。

 

 

野菜はキュウリ、トマト、二十日大根、ジャガイモ、ナスの5種類から初めてみることにした。

 

 

苗も今は比較的育てやすいもの選んでおいたので、
害虫などが付かない限りは収穫できる見込みが高い。

 

 

それに今から植えれば、夏の初めくらいには収穫できるものが
多いだろうし、それで様子を見て植える野菜を
あれこれ変えて行こかと思っている。

 

 

こうして野菜作りのことで頭がいっぱいになっていると
仕事をしていたときの自分とはどこか違う人間になった気がして
とても楽しい気分になる。

 

 

思い通りに育たないこともあるだろうが、
まずはやってみようと思う。

 

 

多少なりとも成功すれば次の挑戦にもつながるというものだ。